2017年03月13日

畝順帳(せじゅんちょう)

この5年ほど、なぜか愛媛県内での調査が途中絶えることなく続いています。
現在も2件の調査を進めているところで、直近5年間に限ると、地元福岡県を含め全国どこの都道府県より多い依頼件数となっています。

現地に行く度に、調査対象に直接関係するものだけではなく、その周辺の古文書や明治期の行政文書その他の撮影や複写を行っていますので、愛媛県内での情報の集積が膨大な量となってきています。

ところで、愛媛県内での調査では、現地調査に加えて必ず訪問するのが県立図書館です。
古文書の所蔵がかなり充実しており、かつ検索・閲覧もし易くて助かっています。

特に役立っているものの一つが「畝順帳」。
この畝順帳とは、地租改正の際に作成された土地台帳であり、法務局で閲覧する旧土地台帳より10年以上前の状況を知ることが出来ます。また、ほとんどがデジタル化されており、県内全地域のものを図書館内のパソコンで自由に閲覧及び複写が出来るというのが何よりの魅力です。

愛媛県内の調査を行う方にはお勧めの史料です。
posted by 仁四郎 at 07:35 | Comment(0) | 家系調査の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする