2017年03月24日

陸軍中野学校の名簿

ご依頼人とお話をする中で、「親族の中に陸軍中野学校の出身者がいるらしい」とお聞きしました。
本来の調査の範囲ではありませんでしたが、私自身の興味も手伝って、調べてみることにしました。

ところが、いざ調べてみると、なかなか名簿のような文書が見つかりません。
本来、その全てが秘密になっている存在でしたので、そういうものかなと思っていたところ、国立国会図書館所蔵の中野学校に関する図書中に、名簿の記載があることが分かりました。

やっと手に入れた名簿を調べると、確かにご依頼人のご親族の方の氏名が書かれていましたので、早速ご報告させて頂きました。

この名簿には、教職員を含めた全関係者2,263名が記載されており、この内生存者1,458名、不明者376名、戦死者289名、その他の死亡者140名となっています。

占領地や敵地での諜報員として活動する特殊性を考えると、生還できなかった方がもっと多いのではないかと思っていましたが、意外な数字だと思いました。
posted by 仁四郎 at 09:05 | Comment(0) | 家系調査の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

由利島

愛媛の話が続きます。

弊社のある福岡から愛媛県は、直線距離はたいして離れていないのですが、間に海があるだけに、効率が悪くて困ります。

いろいろな手段を試した結果、現在は車で山口県の柳井港まで行き、そこから防予汽船のフェリーに乗って松山市の三津浜港に上陸するというルートを取っています。事務所出発から三津浜港上陸までなんと約5時間半。時間的には、新幹線で東京に行くより遠いことになります。

前回のブログにも書いたとおり、5年ほど前から愛媛県内の調査が絶えることなく続いていますので、このような移動を定期的に行っています。

ところで、柳井港から三津浜港に向かう途中に右手に見えるのが由利島。
DSCF8855.JPG

この由利島、今ではTOKIOの「DASH島」として有名になってしまいましたが、昭和59年に椎名誠率いる“あやしい探検隊”がこの島でキャンプをしていて、その時の様子を『あやしい探検隊不思議島へ行く』に書いています。

その中で、以下のような興味深い記述がありました。
「ヤブの中にはけっこう沢山の家が並んでいて、伸び放題の生け垣をいくつか曲がっていくと・・・」

由利島が無人島になるのは、昭和40年のこと。
椎名誠氏はその19年後に訪れたことになりますが、その時点ではまだ“沢山の家”が並んでいたということです。

そもそもこの由利島が栄えたのは、平安〜鎌倉期のことです。
瀬戸内海の海上交通の要地として、その賑わいは“由利千軒”と呼ばれるほどだったとか。

大由利(大きい方の島)の西側の山の中腹には儀光寺という寺院もあったとかで、その儀光寺は今は松山市古三津一丁目に存在しています。

寺伝によると、「弘安年間(1278~1287)に起こった地震による津波のため島が壊滅状態となり、島民とともに当地(=古三津)に移った。」とあります。

調べたところ、弘安年間にこの地域周辺で起こった地震が特定出来ませんでしたが、とにかく鎌倉時代後期に起こった地震による津波によって、由利千軒と称された由利島の繁栄も終わりを告げたということなのでしょう。

posted by 仁四郎 at 15:17 | Comment(0) | 歴史一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

畝順帳(せじゅんちょう)

この5年ほど、なぜか愛媛県内での調査が途中絶えることなく続いています。
現在も2件の調査を進めているところで、直近5年間に限ると、地元福岡県を含め全国どこの都道府県より多い依頼件数となっています。

現地に行く度に、調査対象に直接関係するものだけではなく、その周辺の古文書や明治期の行政文書その他の撮影や複写を行っていますので、愛媛県内での情報の集積が膨大な量となってきています。

ところで、愛媛県内での調査では、現地調査に加えて必ず訪問するのが県立図書館です。
古文書の所蔵がかなり充実しており、かつ検索・閲覧もし易くて助かっています。

特に役立っているものの一つが「畝順帳」。
この畝順帳とは、地租改正の際に作成された土地台帳であり、法務局で閲覧する旧土地台帳より10年以上前の状況を知ることが出来ます。また、ほとんどがデジタル化されており、県内全地域のものを図書館内のパソコンで自由に閲覧及び複写が出来るというのが何よりの魅力です。

愛媛県内の調査を行う方にはお勧めの史料です。
posted by 仁四郎 at 07:35 | Comment(0) | 家系調査の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

恵美須神社(松山市)

松山市三津二丁目に鎮座する恵美須神社です。
DSCF8911.JPG

文政年間の古地図では「恵美須堂」と書かれていますが、その後「三穂神社」となり、さらに現在の恵美須神社と改称されたとか。

この神社の向かいには、大原其戎の居宅があったらしく、其戎の句に「初笑がほするや戎と向ひ同士」というものがあります。

ちなみに、大原其戎について、正岡子規は「余が俳諧の師は実に先生を以てはじめとす。して今に至るまで他の師を得ず。」と書いています。子規が生涯に唯ひとり俳諧の師と仰いだ人物のようです。

ところでこの神社は、面白いことに、狛犬ではなく恵美寿様と大黒様がお守りされています。
DSCF8913.JPGDSCF8912.JPG
posted by 仁四郎 at 10:41 | Comment(0) | 各地の狛犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする